HOME > 親子で取り組む歯科治療

親子で取り組む歯科治療

親御さんと当院と二人三脚でお子様の歯と健康を考える親子で取り組む歯科治療

むらかみ歯科が小児歯科にかける思い

お子さんは、まだ自分自身でしっかりお口をケアすることができません。また、予防のために歯科医院へ行くということも、もちろん自発的にはできません。つまり、お子さんのお口の健康維持は、親御さんにかかっているといえます。多くの親御さんには、歯医者で虫歯を治療した経験があることと思います。だからこそお子さんには、できるだけ虫歯になってほしくない、痛い治療を受けてほしくないと思われるのではないでしょうか? 当院では、お子さんにも楽しく通院していただけるよう、明るい雰囲気づくりややさしい対応を心がけています。当院と親御さんとで協力して、お子さんのお口の健康を守ってあげましょう。ご心配なことがあれば、いつでもお気軽にご相談ください。


小児歯科の特徴

大切な子どもさんの歯を守るためには、お子さまが小さい頃から予防ケアの習慣をつけてあげることが必要です。乳歯はどうせ抜けてしまうから...と言われるおうちの方もいらっしゃいますが、「乳歯は永久歯の生みの母」とも言われるように、丈夫な乳歯を育てることが、健康な永久歯へとつながります。

当院では、経験豊富な歯科衛生士の指導の下、年齢や生活習慣にあわせた予防歯科のオリジナルのメニューを組み立て、予防歯科治療を中心に虫歯ゼロを目指します!


こんな状態や習慣があるお子様は要注意です

  • 歯と歯との隙間がなくギチギチに詰まっている。
  • 口がポカンと空いている。
  • 鼻の通りが悪い。
  • いびきをかく。
  • 歯ぎしりがある。
  • 姿勢・寝相が悪い。
  • 食べ方が汚い。(音が出る、口の横が汚れる)
  • 口いっぱいに頬張って食べる。
  • 硬い食べ物が嫌い。
  • 濃い味付けが好き。

少しでも当てはまるお子様は早めのご相談をおすすめします。


お子様の健康な歯のために当院でできること

その1 食育 

~おやつにも大事な役割があります~

食育とは、お子さんに「食べること」を通じて食事の大切さを教えたり、正しい食生活を身につけさせたりすること。食育の考え方においては、3度の食事とともに、おやつにも大事な役割があります。おやつのポイントは下記を参照してください。


 

当院からのアドバイス
  1. 歯や顎の成長を考え、噛みごたえのある硬いものを。
  2. だらだら食べるのは虫歯の元。時間を決めて食べましょう。
  3. 虫歯の予防として、キシリトールやノンシュガーを選びましょう。
  4. 虫歯菌の繁殖を抑えるために、食べたらすぐに歯磨きを。

その2 生活習慣改善

良く、親子で歯並びや噛み合わせが似てるという話を伺います。しかし、実は歯並びにおける遺伝の割合は2-3割と言われています。

では、なぜ親子で歯並びが似てくるのか?それは、子供が親の生活態度を真似をしていることと、親御様と同じものを食べて成長をするためです。お子さんはお父さんとお母さんの生活を見ながら成長していきます。

では、普段の生活の中でどういった点を改善することができるでしょうか?

例えば普段テレビを見ている時の姿勢など、何気なくとっている姿勢を改善するだけでも歯並びには良い影響が出てきます。

他にも、食事の時の姿勢や、食べる時に肘をつけない。早食いをしない。口いっぱいに含んで食べないなど。

しっかりとお子様をしつけて教育すれば、口の環境は改善できるのです。

その3 妊娠中の歯科治療

妊娠中は身体の状態が大きく変化する時期であるため、歯科診療でも特別な配慮が必要です。妊娠中は唾液の分泌量が減るため、虫歯になりやすくなります。歯周病を放置すると早産や低体重児出産の確率が通常の7倍にはね上がるともいわれているので注意しましょう。

むらかみ歯科クリニックでは、妊婦さんに歯科診療をご提供するマタニティ歯科に力を入れています。ふじわら助産院さんと連携し、安全と母子の健康を最優先に処置などを行いますので、妊娠中の方も安心してご来院ください。

ふじわら助産院の紹介


子供が赤ちゃんのころから子供の歯並びのためにできることはあるの?

生活習慣によって赤ちゃんの内から歯並びへの影響は出てきます。

例えば、正しい母乳の与え方や離乳食の与えかたをご存知ですか?
縦抱っこで授乳するのがいいと言われています。これは赤ちゃんがおっぱいを飲む時に舌に力を入れて飲むのが大切だからです。現代のママさん達は昔よりも母乳が出やすい傾向にありますが、乳幼児の時から舌を鍛えておくことで顎が発達し、歯が綺麗に生えるスペースを確保できるのです。
反対に良くないのはヨコ抱っこしてスマフォなどを見ながら授乳をすること。これだと赤ちゃんの舌をうまく使う習慣ができません。

舌を使う習慣ができないと、食べ物を飲み込む力が弱くなります。すると、柔らかいものを好んで食べるようになります。しかし、柔らかいものはすぐに飲み込めてしまうため、口の中で味わう時間が短く、あまり美味しいと感じてくれません。そのため、しだいに味の濃いものじゃないと味を感じられなくなってしまうのです。

離乳食は舌唇の上にスプーンを当てて食べさせて上げるのが効果的です。上唇の筋肉をを使って食べ物を口の奥に押し込む作業を通じて、口腔内の成長を促すことができます。


当院について
診療メニュー
セカンドオピニオン
母と子の歯科治療

このページのトップへ