HOME > 診療メニュー > 歯の予防について

診療メニュー

歯の予防について

自分の歯を生涯にわたって失わないためには、何が大切だと思いますか? それは「治療」ではなく「予防」です。なぜなら、虫歯治療で歯を削ることをくり返してしまえば、歯にはどんどん負担が蓄積され、寿命がどんどん短くなってしまいます。一度削った歯は、二度ともとには戻せません。治療はあくまでダメージや症状を抑えるものであり、予防によって治療が必要ない状態を維持することが歯を失わないためには重要なのです。

広島県廿日市市・五日市の歯医者「むらかみ歯科クリニック」では、予防に力を入れた診療体制を採用しています。悪いところができる前から定期的にメインテナンスをおこなうことで、治療を不要にすることが目的です。当院の予防歯科で、一緒に末長く健康な歯を維持しましょう。


予防のための通院はどれくらいの頻度で行けばいいの?

予防の基本が、毎日のブラッシングであるのは間違いありません。しかし、いくら毎日ていねいにみがいていても、どうしても汚れは残ってしまうものです。そこで当院では、3ヶ月~半年に1回の頻度で定期検診にお越しいただくことをおすすめしています。

定期検診では、お口の中のチェックとともに、専門的なクリーニング「PMTC」などの予防処置を受けることができます。お口の中をいつもすっきりした状態に保つことができ、虫歯や歯周病の治療が不要になる、口臭も予防できる、歯に自然な白さがよみがえるなど、いいことがたくさんあります。今から、予防のための通院を習慣づけてはいかがでしょうか?


治療メニュー

PMTC(歯の予防)

PMTCとは、プロフェッショナル(P)・メカニカル(M)・トゥース(T)・クリーニング(C)の頭文字を取った言葉で、歯科医院で専門器具をつかっておこなう歯のクリーニングのことです。

毎日のブラッシングは大切ですが、残念ながらそれだけではすべてのプラーク(歯垢)を取り除くことはできません。そうやって少しずつ溜まったみがき残しを、徹底的に取り除けるのがPMTC。PMTCならタバコのヤニや軽度の着色汚れなども落とすことができます。

クリーニングを定期的に受けることで、虫歯や歯周病はかなりの確率で防ぐことができるようになります。

3DS

「3DS(Dental Drug Delivery System)」は、専用の抗菌剤を用いて口腔内から虫歯や歯周病を招く原因菌を減らす方法です。虫歯菌には虫歯菌に適した、歯周病菌には歯周病菌に適した抗菌剤を注入したマウスピースを継続的に歯に装着し、的確に除菌していきます。

3DSは、特に虫歯の主な原因である「ミュータンス菌」に対して効果を発揮します。ミュータンス菌には歯だけに付着して増殖するという特徴があるので、歯に対して効果的に抗菌剤を使用すればミュータンス菌を除菌できます。

ドッグスベストセメント

アメリカ合衆国の公的機関で認可された、歯を削らなくても虫歯の治療ができる画期的な薬剤です。治療の効果(殺菌力)は半永久的。歯を削って金属やセラミックなどの詰め物をするよりも長持ちするだけでなく、虫歯の再発防止にもつながります。

歯への負担が少ない、削る部分が少ない、治療時間や回数が少ない、痛みが少ないなどのメリットの他、初期段階の虫歯もしくは、神経に達している重度のものには、適応できない、自費診療になるデメリットも存在します。


このページのトップへ