HOME > 診療メニュー > 根管治療

診療メニュー

根管治療

重度の虫歯でも歯を残すための治療~根管治療~

重度の虫歯になると、従来であれば抜歯をしなければなりませんでした。しかし近年では、根管治療をおこなうことによって、重度の虫歯でも歯を残せるようになっています。
歯の中には、神経や血管が入っている「根管(こんかん)」という細い管が通っています。虫歯が悪化してこの根管に達してしまうと、その中の神経や血管が死んでしまい、そのままではその歯を残すことができません。そこで、死んでしまった神経や血管を取り除き、根管の中をきれいにして薬剤を詰める「根管治療」をおこないます。

根管は大変細く複雑な構造になっているため、とても高度な治療といえます。しかし、この根管治療をきちんとおこなうことができれば、重度の虫歯でも歯を抜かずに残すことができるのです。


なぜ虫歯になっても抜歯しないほうがいいの?

歯は、歯列全体がそろってはじめてお口の中のバランスが保たれます。たとえ1本でも失ってしまえば、歯並びや咬み合わせが乱れて虫歯や歯周病になりやすい状況になり、全身にさまざまなトラブルを招いてしまうリスクも高まります。「お口は健康の入り口」といいますが、たった1本の歯を失うだけで、全身の健康に悪影響が及んでしまうのです。

そのため、たとえ神経を取り除いたとしても、歯は残しておくべきだといえます。根管治療は簡単なものではありませんが、重度の虫歯でも抜歯を避けることができる重要な治療です。お口全体の健康を守るためにも、根管治療はきちんと受けましょう。


治療メニュー

NiTiファイル

NiTi(ニッケルチタン)ファイルは、適度なしなりを持ったファイル(根管内の汚れをかき出す細い棒状の器具)です。従来のステンレスファイルでは難しかった湾曲した根管でもきれいに清掃することができます。

ラバーダム

治療器具に唾液がついてしまうと、根管内に再び細菌が混入するリスクが高まります。それを防ぐため、当院では「ラバーダム」という薄いゴム製シートを患部にかけて処置をおこない、正確な治療につなげています。


メインテナンスの重要性

根管治療をおこなって神経を取り除いた歯は、健康な歯よりも弱くもろくなります。また治療によって装着した被せ物は、人工物であるために虫歯にはならないものの、神経がすでにないため異変にも気づきにくくなります。気づいたときには虫歯が再発していた、歯周病になっていた――というケースも少なくないのです。

つまり、根管治療をおこなった後のよい状態を維持するためには、定期的なメインテナンスが欠かせません。せっかく時間をかけて治療を受け、残せるようになった歯です。定期検診をきちんと受け、長く健康な状態を守っていきましょう。


このページのトップへ