HOME > セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

他院での治療方針に対してアドバイスがほしい方はセカンドオピニオンをご利用ください。

むらかみ歯科は予防に力を入れている歯科クリニックです

自分の歯を生涯にわたって失わないためには、何が大切だと思いますか? それは「治療」ではなく「予防」です。
なぜなら、虫歯治療で歯を削ることをくり返してしまえば、歯にはどんどん負担が蓄積され、寿命がどんどん短くなってしまいます。
一度削った歯は、二度ともとには戻せません。
治療はあくまでダメージや症状を抑えるものであり、予防によって治療が必要ない状態を維持することが歯を失わないためには重要なのです。


より長期的な視点からアドバイスします

セカンドオピニオンを考えていらっしゃる方の多くは、今通っている歯科クリニックの診療方針が本当に正しいのか?もっと良い治療法はないのか?もっと費用を抑えることができるのではないか、などの不安を抱えています。

ここで症状に対してのベストの治療法はお客様がどんな生活を送りたいかによって変わるということです。お金をかけて治療したら、今後口内の不調はでないのかというと、そうではありません。長期的に見た時のメリットと、デメリットを理解した上で治療に臨まれることが大切なのです。


例えばこんなシーンでセカンドオピニオン

  • 審美矯正をしてみたいと思っているけど、安全なの?
    見た目を良くする目的で審美治療に興味を持たれている方は多くいらっしゃいますが、デメリットを考えることも大切です。抜歯矯正は体型によっては口腔内のスペースをを狭めて、他の不定愁訴を生み出してしまう可能性もあります。抜歯ではなく、口腔内のスペースを広げる矯正も選択肢としてはご用意できるので、ご相談ください。
  • 前歯が気になって陶器の歯をかぶせた方が見た目が良いと言われたけど、本当に安心?
    見た目は良いですが、金属に比べて厚みを持たせる必要があります。
    装着するためには歯を大きくけずる必要が生じるケースがございます。
  • 以前歯を抜いて矯正をしたのですが、そこから調子が悪いです。
    10代20代の時に抜歯矯正をしていた方は、頭痛、目眩、知覚過敏、歯ぎしり、不眠、顎関節の痛みがを生じることがあります。内科・外科では原因が特定ができなかった症状も口内環境に原因がある場合もございますので、思い当たる方は一度ご相談ください。
  • 親知らずは抜いた方がいい?
    親知らずは、必ずしも抜いた方が良いわけではありませんが、斜めに生えてる歯をそのままにしておくと歯茎を腫らしたり、歯槽膿漏の原因になります。それだけではなく、噛み合わせの不調和を引き起こすこともございますので、抜歯をすることをおすすめします。

セカンドオピニオンでお越しの方へ

  • 矯正中の方はレントゲン写真や、模型、使用前、使用後のお写真があれば持ってきてください。
  • 普段出ている不調(頭痛、歯ぎしり、目眩など)を箇条書きでいいので書き出してきだください。

当院について
診療メニュー
セカンドオピニオン
母と子の歯科治療

このページのトップへ